製造工程!

0
    今日は半田そうめんの基本的な製造工程を紹介します。

    生地を練って延ばして切る手打ちうどんとかと違って『手延べ製法』っていうのは、小麦粉を練ってその生地をひたすら細めていく製法のことをいうのですよ。
    練った生地を直径15センチくらいの太い太い麺の素にして、それを次は直径5センチくらいまで引き延ばして細める。

    生地の表面が乾かないように油を塗りながら、そして、仕上がりが丸い麺になるように捻りながら延ばしていくの。

    このとき生地の熟成が足りないと延ばす途中で切れてしまって麺にならない。
    熟成させ過ぎると今度は柔らかくなりすぎて麺に仕上げるときに生地どうしがくっついて麺にならない。

    この加減をコントロールするのが作り手の腕の見せどころってとこなんです。


    なかなか見たことないでしょ?
    これが途中経過。

    ではまた製造工程シリーズやりますね!(笑)

    明日も4時起きでそーめん作るから寝るよ!おやすみ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM